エントリーする
DJ CHAMPIONSHIPS IDA JAPAN 2018
たくさんのエントリー、ご来場、
誠にありがとうございました!

最新情報

IDA WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2018 結果、IDA Japan Final 2018動画公開

2018/12/10

日本時間12月9日に開催されたIDA WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2018。

当日は公式Facebookページでライブ配信もされて、世界中が注目していました。

続きを読む

いよいよ開催、 IDA WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2018

2018/12/08

いよいよポーランドで「 IDA WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2018 」開催です。 17カ国から予選を勝ち抜いたDJのトップになるのは一体!?

続きを読む

DJ CHAMPIONSHIPS IDA JAPAN 2018 優勝者発表

2018/10/16

2018/10/13(SAT)にJAPAN FINALがおこなわれた、DJ CHAMPIONSHIPS IDA JAPAN 2018の結果発表です。

続きを読む

IDAとは、

スクラッチなどの技術を使い、”SHOW”として自分のスタイルを表現するDJ

DJ (DISC JOCKEY) とは、クラブや野外フェスなどで音楽を流し、そこに集う人々を踊らせたり盛り上げたり、世間一般的にはそんな役割を担っているのがDJと呼ばれる人々です。その一方でスクラッチなどの技術を使い、”SHOW”として自分のスタイルを表現するDJも多岐にわたり活躍しています。

ミュージカルやオーケストラのように「見て楽しむ」

“IDA世界大会”は芸術鑑賞で使われるような大ホールで行われ、観客は着席をしてそれを鑑賞します。つまりミュージカルやオーケストラのように「見て楽しむ」という大会のコンセプトが表れています。

新たなDJスタイルが生まれる可能性

他の大会と違い、機材に強い縛りがなく、部門によってはトランペットやキーボードなどを使うことも可能。つまりこれからの新たなDJのスタイルや表現方法が生まれる「可能性」のある斬新な大会です。

3つのカテゴリー

テクニカル・カテゴリー、ショー・カテゴリー、オンライン・スクラッチ・バトル・カテゴリーとそれぞれ特徴がある3つのカテゴリーに分かれ、競い合います。
それぞれのカテゴリーで使用できる機器や楽器の種類や数、プレイ時間が違います。
※エントリー前には、IDAのルールを必ず参照してください。
詳細はIDAのルールをご確認ください。

テクニカル・カテゴリー(ソロパフォーマーの為の部門)
機材は、最低でもターンテーブル2台、ミキサー1台を使用。必要に応じてMIDIコントローラー1台使用可能。この部門ではターンテーブリストとしての技術を第一に審査。

ショー・カテゴリー(チーム及びソロパフォーマーの為の部門)
機材は、最低でもターンテーブル1台、ミキサー1台を使用。必要に応じてMIDIコントローラーや楽器など使用可能。伝統的なターンテーブリズムの先を行き、音楽の新しい可能性を表現する。

オンライン・スクラッチ・カテゴリー
指定ビートにあわせ、ターンテーブル1台、ミキサー1台を使用。

2000人を収容する会場が満員、IDA WORLD DJ CHAMPIONSHIP

“IDA 世界大会”は、毎年12月上旬にポーランドの古都クラコフで開催されます。17カ国から予選を勝抜いたDJが一堂に会し、近年では2,000人を収容する会場が満員になるほどの盛り上がりを見せています。

IDA JAPAN 2017第一回日本大会を広島で開催

過去に日本人出場者3名が入賞を果たしている広島で、記念スべき第一回大会が開催されました。
昨年の結果は下記のとおりです。
テクニカル・カテゴリー
優勝 DJ FUMMY
ショー・カテゴリー
優勝 DJ BAHN & SAM
スクラッチ・カテゴリー
優勝 DJ TSUYOSHI

IDA JAPAN のメインオーガナイザーは、SDC Scratch Delight Co. のDOM-AUTO氏です。広島、日本のDJ文化の発展を願いIDA JAPAN立ち上げ、第一回の開催に至りました。

IDA Japan Final 2018動画公開

随時大会動画を公開予定です。

IDA JAPAN 2018 Technical Category

IDA JAPAN 2018 Show Category

過去の大会の様子

チケット

【注意事項】入場時に別途ドリンク代が必要となります。未成年者は入場不可。
大会の各カテゴリーのエントリー申込ではございません。一般視聴の前売り券ですのでご注意ください。

オールスタンディング 2,000円(税込)詳細は下記のボタンをクリックしてご確認ください。

2018年度のチケットの販売は終了いたしました。

ルール
(2018年度)

テクニカル・カテゴリー、ショー・カテゴリー、オンライン・スクラッチ・バトル・カテゴリーとそれぞれ特徴がある3つのカテゴリーに分かれ、競い合います。
それぞれのカテゴリーで使用できる機器や楽器の種類や数、プレイ時間が違います。エントリーをご検討されている方は、必ず以下のルールをご確認ください。

オンライン・スクラッチ・バトル・カテゴリーの方は、下記も必ずご確認ください。

各カテゴリー賞品
(2018年度)

今回、総額で約60万円分相当の賞品のご用意しています。
各カテゴリー別に、そのカテゴリーに適した賞品ラインナップです。

FINALIST
(2018年度)

テクニカル・カテゴリー

Is-k

渋谷のクラブでPAとして働いていた環境が後押しにもなり、2003年より東京都心のクラブを中心にDJとしての活動を始める。
当初からターンテーブリズムに興味はあり、独学で技術を磨くも表舞台で披露することはなく、同世代のターンテーブリストが大会等で活躍するのを横目に、一人黙々と練習だけを続ける。
クラブプレイをコンスタントにこなす傍ら、2013年にDMCの関東予選に初出場。それを皮切りに、東京で行われるバトルに挑戦しながら、ターンテーブリストとしての遅咲きを狙う。
現在は横須賀の米軍基地内の正式DJの一人としてもPlayしている。

出身地:横浜
尊敬するDJ:Roc Raida
戦歴:2018 DMC Japan Final Supremacy Finalist
意気込み:初めて関東以外の地で出場なので楽しみです!

DJ EiON

Hip Hopミュージックを中心に、名古屋を拠点として活動する愛知県内では数少ないターンテーブリスト。
Club Play、Battle Show Caseで数々のイベントに出演しつつ、2ヶ月に一度、ダンサーを主体としながら各地からDJ、Beat Makerなども招き開催するイベント「Hot Meat Pie」を主催する。
うまい飯とうまい酒が元気の秘訣。

出身地:愛知県刈谷市(実は名古屋ではない)
尊敬するDJ:多すぎて困ります。
戦歴:Grind DJ Battle Season2 vol.6 Champio
DMC 2017 東海予選 準優勝
Autobahn DMC After Party Cup Best4
DMC 2018 関東予選 3位
DMC JAPAN FINAL 2018 バトル部門 準優勝
意気込み:未だ見ぬ異国、ポーランドのうまい飯、うまい酒がいただけるように頑張ります。

DJ kouki

2000年頃、地元神戸でt-skrable dj'sのパフォーマンスを見てターンテーブルを購入しバトルdjを始める。が、大した結果もでず自然とターンテーブルからフェードアウトするありきたりなパターンを進む。が、数年前にdjミキサーからパソコンが繋がっている映像を目にする。不思議に思いインターネットで調べているうちに、気がつくとセラートを購入し、インテリア化していたターンテーブルの電源を入れていた。独学でターンテーブルと遊んでいるうちにルーティンが出来た時の喜びを覚え、いつのまにかdmc関西予選を通過。目標だったdmc japan finalに出場する。結果を残せず会場を去る際dom-auto氏からida japanのフライヤーを頂いた。自分がレベルアップする為、ida japanにチャレンジする事を決めた。

出身地:神戸市
尊敬するDJ:a-track
戦歴:dmc japan final2018出場
意気込み:悔いが残らないよう頑張ります。

DJ REIKO

1995年にDJ活動開始。
様々な現場で活躍するがクラブDJとしてさらなる可能性と腕に磨きをかけたい一心で2011年にDJ $HINに弟子入り。
スクラッチやビートジャグリングに夢中になり、ターンテーブリズムの虜に。
2017年に遂にKAMIKAZE DJ BATTLEシングル部門に優勝し初タイトルを獲得。
同年、DMCで初のシングル部門女性ファイナリストになる。
2018年はKAMIKAZE DJ BATTLEの3部門で優勝。DMC ジャパンファイナル3位。
FunkyでGroobyな構成は他の類を見ない。
DJ本来のグルーヴにこだわったプレイは唯一無二である。

出身地:奈良県
尊敬するDJ:-
戦歴:
KAMIKAZE DJ BATTLE2017シングル部門1位
KAMIKAZE DJ BATTLE2018

スクラッチ部門1位

ポータブル部門1位

ビートマッチ部門1位
DMC Japan Final 2017 シングル部門出場
DMC Japan Final 2018 シングル部門3位

意気込み:みんな倒します!!

DJ MAKOTO

京都府出身。高校生の時にターンテーブルを購入し数年後地元の先輩DJの影響でスクラッチ、ビートジャグリングを練習する。
2015年にDMCへ初挑戦し、2017年、2018年とDMC Japan Fainal バトル部門に出場。去年開催されたIDA Japan Finalではテクニカル部門で3位と徐々に頭角を表す。
新世代の一角を担うべく数々の大会への挑戦を続ける。

出身地:京都府
尊敬するDJ:DJハイシー
戦歴:2016 カミカゼDJ BATTLE優勝
意気込み:賞品の為に頑張ります。

DJ OM

大阪府出身。地元の友人がスクラッチをしていたのを見てDJに興味を持ちターンテーブルを購入。師であるDJ KENTAROのプレイに魅了されターンテーブリストを目指す。2013年からDMCに挑戦し、他にもGRIND DJ BATTLEやKAMIKAZE DJ BATTLE、AUTOBAHN DJ BATTLEなど、さまざまなバトルに出場しスキルを磨く。DMC JAPAN FINAL 2018においてはバトル部門のファイナリストとなる。ベースミュージックやロックなどを使ったジャグリングを武器に優勝を目指す。

出身地:大阪府
尊敬するDJ:ターンテーブリスト全員
戦歴:
DMC JAPAN 2018 FINALIST / GRIND DJ BATTLE season 2 vol.3 優勝 / MONSTER DJ BATTLE 2016 準優勝 / KAMIKAZE DJ BATTLE 2016,2017,2018 ソロ部門 準優勝 / DJ BATTLE FIELD 優勝
意気込み:
初のIDA、優勝目指してがんばります。

DJ YONE

2016年からターンテーブリストとしてのキャリアをスタートする。
主にDubstep、Drum&bass、Future bassなどのBass musicを軸にDJプレイを行い人々を魅了する。
数々の大会に出場し、2017年にはKame House Asia DJ BattleではBest4に輝く。
さらに2018年には大会以外の活動も行いThe Philharmonic Turntable Orchestraに参加した。今回、弱冠20歳の青年が大旋風を巻き起こすべくIDA JAPANに参戦する。

出身地:新潟県十日町市
尊敬するDJ:DJ BAHNさん、DJ SHOTAさん、DJ YUTOさん。
戦歴:Kame House Asia DJ battle Best4
意気込み:勝ちます。

DJ KAZUKI

広島県福山市出身、クラブプレイ・ショーケース・ミックス制作など場所や形に捉われず自身の音楽性をターンテーブルで追求中。

出身地:広島県福山市
尊敬するDJ:なし
戦歴:2015 NEWTRICK DJ BATTLE JAPAN FINALIST
意気込み:昨年よりいい結果出せるように、楽しみマス‼

ショー・カテゴリー

DJ PASELI

名古屋の音楽レーベルMillionaire Studio所属。
DJスクールやイベント運営も手がける。
過去にはRedBull Thre3STYLE、IDA JAPANにも出場。

出身地:愛知県
尊敬するDJ:DJ IKU
戦歴:2014 RedBull Thre3STYLE東海ブロック
2017 IDA JAPAN ShowCategory
意気込み:頑張ります

DJ Higa

DJ/ターンテーブリスト/トラックメイカー
2003年より大阪を拠点に活動開始。
スクラッチやビートジャグリングなどのターンテーブリズムを根底に、マッシュアップやフィンガードラムなどギミックに拘ったプレイに加え、様々な現場でのプレイや楽器とのセッションでの経験により音楽性溢れるDJスタイルを確立。
現在は、TV・WEBの楽曲制作やDJ講師としても活動中。

出身地:大阪
尊敬するDJ:プレミア
戦歴:IDA JAPAN SHOW CATEGORY 2017 2nd
意気込み:ファンクでソウルな演奏します!

オインゴボインゴ

ジョンとユージのリアル兄弟ユニット。2人ともPerfumeが大好きなことから、Perfume楽曲をメインにプレイする「HPN (広島Perfumeナイト)」というDJイベントを主催している。
ターンテーブリズムへの憧れから、Scratch Delights.coへ入門。DJ DOM-AUTOに師事している。バトルDJの大会に出場するのは今回が初めて。

出身地:広島
尊敬するDJ:DJ DOM-AUTO、KIREEK、DJ KENTARO、DJ 威蔵
戦歴:なし(大会初出場)
意気込み:ぶちかまします!!

DJレオナ

スクラッチに影響され15歳で独学で始める。17歳から地元のクラブ、23歳から東京のクラブを中心にDJ、イベントプロデュースをする。最近はラッパーとTRAP Hiphopの楽曲制作をしている。

出身地:東京都
尊敬するDJ:DJREIZ、DJIzoh、DJFumi
戦歴:New Trick DJ Battle 2015 Online Champ

GUEST & JUDGE
(2018年度)

DJ 宮島

2002年DMCバトル部門、2007年DMCシングル部門で日本チャンピオンに輝くスペシャリストにして、日本スクラッチ界の至宝と称される。そのオーラはまさにジャズミュージシャン、玄人をも虜にするその「間」は。Q-BERTやD-STYLESがそのオリジナルの才能を絶賛している。様々なターンテーブリスト達の映像を集めたビデオ作品「TURNTABLE COLOSSUS」教則DVD「DJ テクニック講座 初級者編」、「DJ テクニック講座 上級者編」、最新版となる「DJ テクニック講座 VOL.3 フレーズ集~ 2 枚使い」を発売し、日本におけるスクラッチの普及、発展を目指している。現在は主に様々なセミナー講師やスクラッチャー虎の穴「宮島塾」の塾長として、後進の指導にあたっている。ターンテーブルの限界に挑み続けるカットマン、その妙技に酔う事は間違いない!

DJ SHOTA

2006年、自身初の挑戦となるDJバトル「Teens DJ CHAMPIONSHIP 2006」で日本チャンピオンに輝き、その後も数々の大会で上位入賞を果たす。さらに2009年、世界最大規模のDJバトル「DMC JAPAN DJCHAMPIONSHIPS 2009」バトル部門で日本の頂点に立った。同年9月、ロンドンで行われた世界大会「DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2009」ではベスト8、2013年、ポーランドで開催された「IDA WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2013」では世界4位、そして2015年、6年前にバトル部門で日本一の栄光を手にした大会「DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPS 2015」シングル部門でも優勝。日本代表として10月に世界大会へ再度挑戦し、世界5位という成績を収め、自身の名を世界に刻んだ。 これらの経歴は誰よりもターンテーブルを楽器として楽しんできたという記録であり、DJ SHOTAが唯一無二の作曲家であり、演奏家である事を示している。現在は東京をベースに、ショーケースやクラブプレイを展開。DJ SHOTAが奏でるリセットデザインされたサウンドを是非体感して欲しい。

MC

DRIBBLA

2013年、日本のレゲエシーンの中で最も注目度の高い MIGHTY CROWN主催のDEE JAYトーナメント「ROAD TO 横浜レゲエ祭」で見事チャンピオンを勝ち取り、同年9月8日に行われた万人規模の「横浜レゲエ祭」のトップバッターとして会場をがっちりROCKした。今全国から非常に高い注目を浴びているのが広島のDEE JAY、 DRIBBLAだ。10年近いキャリアと共にストイックな音楽活動は、過去4度のDEE JAYトーナメントの優勝成績を残している。色んなSTYLEに対応でき、LIVEの中には喜怒哀楽を詰め込んだREBELな姿がより一層現場での輝きとオーディエンスからの反響を得ている。楽曲においては2013年11月にDIGITAL NINJA RECORDSからリリースした「光」はi-Tuneチャート、レゲエザイオンにて1位を獲得。サウンドマンからのレゲエ文化特有のダブプレート依頼の急増、巷や現場においても好評な結果を出している。JAMAICA、NY、CALIFORNIAで修行と経験を積んで来ている彼が只今ファーストアルバムを作成中。VIBES INTERNATIONALな男、DRIBBLAから今後も目が離せない!
2016年6月広島で自身が仲間と核となってプロモートするレギュラーイベント『MOON VILLAGE』をスタート。
2017年1月自主レーベル『VIBES INTERNATIONAL』設立 同年同月 自主レーベル第一弾として''ゲリラRIDDIM ONE WAY''をリリース
DRIBBLA 「SOUNDゲリラ部隊」 がiTunes、REGGAE ZIONのチャートランキングにて 1位を獲得
その他 リリース楽曲 ・「TRUE TO MYSELF」
2011 DIGITAL NINJA RECORDS ・「情熱」
2011 PEOPLE'S CHOICE RECORDS ・「光」  2013 DIGITAL NINJA RECORDS ・「BETRAYER」
2015 LARK BIRD RECORDS ・「SAMURAI JAPANESE」  2015 NEWTRAL RECORDS ・「暗闇のスペシャリスト」
2015 DIGITAL NINJA RECORDS ・「おっこん」
2015 DIGITAL NINJA RECORDS ・「コンチボーイ」
2015 SHANTI RECORDS ・「迷子の迷子」
2016 DRUNKERS RECORD ・「SOUNDゲリラ部隊」
2017 VIBES INTERNATIONAL ・「神様の宿題」
2017 STAR CREATIVE ・「STEP OUT」
2017 STAR CREATIVE ・「SECRET STORY」
2017 STAR CREATIVE ・「BANGARANG」
2018 VIBES INTERNATIONAL

DEE

世界を股にかけたいパーティー野郎。勢いだけは誰にも負けない。遅咲きの新人ここに現る。

JUDGE

DJ BAHN

広島県出身。14歳の時にDMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPSの映像に衝撃を受け、ターンテーブリズムにのめり込み、DMC・Redbull 3style・IDA等のDJの大会へ参加。
2017年、ドイツ・デュッセルドルフのレーベルChing Zengのポッドキャスト「Taped」から自身のMIXがリリース。

DJ SAM

17歳で地元静岡でDJを初め、現在は東京を中心にDJをこなす。スクラッチに影響を受けターンテーブルリズムを取り入れた柔軟なスタイル、流れを意識した構成力を持ち味としたプレイを得意としている。
redbull3styleのエントリー動画が話題となり広島出身のDJBAHNとタッグを組み挑んだ2017年 IDA DJChampionships JAPAN Show Categoryにて優勝し、同年初代日本代表として出場したIDA DJChampionships WORLD Show Categoryでは世界トップレべルのDJ達と競い合い見事4位に入賞。
また実の兄とのプロデュースデュオTABTABSとしても数々のCMやアーティストにリミックスや楽曲提供を行なっている。

大山陽一

DMC JAPAN 代表。団体運営を引き継いだ2013年から現在までシングル部門ではDJ YUTOとDJ RENA、そしてバトル部門ではDJ 諭吉の3人ものワールドチャンピオンをハイペースで輩出している。ターンテーブリスト最強国としての地位を世界で確立させた。20年前にDMCのVHSビデオで再生と巻き戻しを繰り返し、練習に明け暮れた青春を持つ。

ようすけ管理人

1975/11/15愛知県生まれ。A型
愛知県北名古屋市にあるDJ機材作曲機材アナログレコードショップOTAIRECORDのCEO。
更にはピュアオーディオショップOTAIAUDIO、そして、2016年からOTAIRECORD DJ SCHOOLを渋谷に開設。
また2017年には名古屋大須にDJよろづ屋LEBEN BY OTAIRECORDを出店。
イベンターとしては、世界最大の歴史を誇るDJ大会、DMC JAPANを2013年復活させ、それ以降運営に携わっている。
2015年日本最大の作曲トラックメイクの大会BEAT GRAND PRIXを立ち上げ、
また2017年には欧州を中心に人気を博しているIDA JAPANのSUPER VISORにも就任。
同2017年名古屋市大須にOTAIRECORD LEBENを出店。
ということで、まあまあ頑張ってる。

DANCE EXHIBITION MATCH
JOINTS OF SOUL VS HOOPLA

JOINTS OF SOUL

「魂のつながり」という名の舞踊集団。90年代よりHIP HOP文化に影響を受けたストリートダンサー達で結成、活動を開始。20年近い経験に裏打ちされた確かなスキルと個性はベーシックの中にジャンルを超えた多彩な動きを表現する。 風土から産み出される動きの「訛り」をアイデンティティーの一つと捉えスタイルとして提唱。早くより他ジャンルとの融合、セッションを試み独自の世界観を構築してきた。スタイルを文化へと昇華すべく今日もひたすらダンスでセッション!

HOOPLA

広島を中心に活動するチーム。 過去には全国規模のダンスコンテスト、"DANCE DELIGHT"で3度のファイナリスト。 アーティストのバックダンスや振付などでも活躍。 広島のアーティストとも密接に繋がりヒップホップシーンを牽引してきた。 現在はダンススクールの運営、デザイン制作、映像制作、WEB制作など、様々な分野でも活動中。

DJ

MITCH

広島出身、在住。地元広島を中心に、クラブDJ,MIX制作,EVENTオーガナイザー,Shopプロデュース,レコーディングスタジオ構築など、2017年にはアパレルBrandプロデュースとマルチな才能で幅広く活躍している。
1995年USのストリートカルチャーに魅了されSK8を始め、そこで出逢ったサウンド(Hip Hop,Reggae.Breakbeats)をきっかけにDJに育み、1999年クラブDJとして活動を開始。
ストリートで培われた抜群のセンス、Hiphopを中心とした豊富な選曲、リスナーを魅了する鋭いスクラッチ、二枚使いなどを武器とした多彩なスキルをミックスした彼独自のプレイスタイルには定評があり、2013年にRedbull Thre3Style Japan Finalistとして出場、今では全国から支持を受けるDJまで発展。
彼自身の作品は過去に通算70タイトル以上の作品を生み、2017年半ばからStartしたMixcloudによまるブランニューHiphopのMix配信企画(毎週)“Weekly BTNC”を開始し、リスナーからの支持の幅を絶大的に広げ続ける。
mon at club Leopard #マントラ
thur at club Leopard #アバトラ
fri at club G #UIDC
sat at club G #サタアワ
sun at club Leopard #レックレ
Booking info : beatnic.pro01@gmail.com

RAGING FLASH

MAJOR TEE (MC/SEL)
2014年京都を拠点に活動していたTHUNDER HEADより独立し拠点を故郷広島に移し活動をスタートさせる。THUNDER HEAD活動当初よりLYRICSに沿ったSPEECH、VIBESあるMICさばき、正統派JUGGLIN STYLEは関係者の中でも評価高く、関西圏を中心の月10本以上の現場を盛り上げる。
2009年京都で行われた関西の次世代SOUNDを集めたSOUND CLASH「狼煙」では準優勝。
2016年地元広島の更なるシーンの活性化の為、盟友DRIBBLA、DANDIMITEらと共に好評レギュラーパーティ『MOON VILLAGE』をスタート。
2017年10月より自身の活動の幅を広げる為、KINGSTON JAMAICAへ単身武者修行。
JAMAICA渡航前に主催した『RAGING FLASH ONE SOUND NIGHT』はMAJOR TEE 1 SELECTORで一晩PLAY。
LOCAL SELECTORのONEMAN STYLEで100人を超える集客、パーティの内容も評価は高く、地元広島だけでなく周辺の都市の話題を作った。
JAMAICA渡航中にスタートさせた視聴者参加型配信番組 『RAGING FLASH インスタグラムライヴ』も好評配信中。
2018年 進化し続けるこのSOUNDから目を離すことは出来ない。

『RAGING FLASH INFO』
Information : shellitdown@gmail.com
Instagram : @ragingflash_majah
Twitter : @RAGING_FLASH

CA-CHU

2000年代初頭にDJを始め、アンダーグランドヒップホップに受けながらもジャンルを問わずの雑食Digger。近年ではビートメイキングやMIXCD制作をしながら夜な夜な活動中。

LIVE

BADMONDAY

楽しみの前借り、返済は月曜日…

DBGW

広島夜の繁華街、流川で度々溺れるhiphop junkies DBGWa.k.aドブ川。CEOのハーレムシェイクマスター”T2”の「ドブ川に溺れようぜ」という発言にZOROとAKANAが導かれ結成。広島からドブ臭いHIPHOPと汚物を撒き散らす。
CD音源「DOBUGAWA DOCUMENT」、iTunes音源「ラ・ボーナ」をリリース。”どぶ川の三角州”7'inch vinylも絶賛発売中!
相変わらずDOBUが~るも募集中です。

LIVE PAINT

K12NExShutie

"Letter&Toons"
漢字・アルファベットを問わずポップな文字で書きこなす文字職人、”K12NE”、ポップでコミカルなキャラクターを描くキャラ職人、”Shutie”の二人で構成された新プロジェクト”Letter & Toons” 2018年、アートスタジオ”dimlight”での二人展“Letter & Toons”にて大成功を収めたのち、間髪入れずフランスツアーを敢行、10日間で8作品のマスターピースを各地で発表。
文字とキャラクターの絶妙な絡み具合が癖になる。
instagram : @k12ne_one @shutieone

オンライン・スクラッチ・バトル
エントリー動画
(2018年度)

オンライン・スクラッチ・バトル・カテゴリーでは、Elimination、Semi Final、Finalと大会が進行いたします。
下記に、各バトルのエントリー者の動画リストへのリンクを掲載いたします。

エントリー

【ご注意】必ず、同じお名前、メールアドレス、ご連絡先でご希望のカテゴリへのエントリーおよびエントリーチケットの手続きをおこなってください。自動返信メールが1週間以上経っても届かない場合は、下記お問い合わせ先にご連絡ください。

テクニカル・カテゴリー、ショー・カテゴリーのエントリーは9/1(土)〜9/30(日)迄です。

スクラッチ・カテゴリーの予選エントリーは9/7(金)〜9/21(金)迄です。

テクニカル・ショーカテゴリーエントリーフォーム

2018年度のテクニカル・ショーカテゴリーのエントリー期間は終了いたしました。

スクラッチ・カテゴリーエントリーフォーム

2018年度のスクラッチ・カテゴリーの予選エントリー期間は終了いたしました。

大会詳細
(2018年度)

JAPAN FINAL 開催日時

2018/10/13(SAT)20:00より

会場アクセス

MUGEN 5610
https://www.facebook.com/pages/Mugen5610/129232407151543
〒730-0027 広島県広島市中区薬研堀 1-3 2F、3F

協賛
(2018年度)

※アルファベット順でご紹介いたします。

MAIN SUPPORT

PRESENTED

SUPPORTER

HIROSHIMA SPONSORS

PARTNERS

お問い合わせ

下記より、DMでお問い合わせください。
https://www.facebook.com/idajapan
https://twitter.com/idajapanorg

SDC.(scratch delights co.)
090-9467-7961
scratchdelightsco@gmail.com
〒730-0051 広島県広島市中区大手町1-1-26 大手町1番ビル 406号